後遺障害

後遺障害とは

交通事故による傷害を治療した結果、これ以上治療を継続しても症状が改善する見込みがない状態になったとき(「症状固定」といいます)に、身体に残っている障害のことを、後遺障害といいます。

後遺障害の認定方法

上記のとおり、これ以上治療を継続しても症状が改善する見込みがない状態を「症状固定」といいますが、自賠法では症状固定後の症状を後遺障害等級表(自賠法施行令2条)に当てはめて、損害保険料率算出機構あるいは自賠責調査事務所が等級の認定を行います。

多くの場合、後遺障害が認定されると、傷害に対する損害に加えて、後遺障害による逸失利益、後遺障害慰謝料などの損害が加えられるため、損害賠償額が大幅に増額されます。

後遺障害の申請手続

後遺障害の申請方法は、事前認定と被害者請求の二つがあります。

事前認定とは、後遺障害を認定する機関である「損害保険料率算出機構」に対し、加害者が加入している保険会社が事前に後遺障害が何級になるか、等級認定を依頼するものです。

被害者請求とは、被害者自身もしくは代理人が、必要資料をそろえて加害者の自賠責保険に請求を行い、そこから損害保険料率算出機構の自賠責損害調査事務所に、請求書類が送られるという方式です。

いずれの方法をとるにしても、まずは主治医の先生に「後遺障害診断書」を作成してもらう必要があります。後遺障害診断書には、後遺障害の存在を医学的に証明する検査の結果、自覚症状等をできるだけ詳細に書いてもらう必要があります。

被害者請求の場合、後遺障害診断書ができたら、レントゲン、CT、MRI等の画像資料等、必要書類を作成・収集し、所定の申請書を記載の上、自賠責保険会社に提出します。

自賠責保険会社は、提出された資料を、損害保険料率算出機構あるいは自賠責調査事務所に送付し、後遺障害該当性が申請されます。通常、2~3か月で審査結果が出ます。

異議申し立てについて

後遺障害の申請をしたが非該当とされた場合、もしくは後遺障害の等級が思っていたよりも低かった場合など、傷害の等級に関して納得がいかない場合は、新たな医学的証明資料を提出するなどして、「後遺障害認定等級に対する異議申立て」を自賠責保険会社に提出し、異議申立てを行うことができます。