交通事故の解決方法

交通事故の解決方法

交通事故の解決方法としては、示談、調停、裁判等があります。多くの場合、まずは示談からスタートし、示談が不成立の場合に、調停や裁判によって解決することとなります。

なお、相手方が任意保険に加入している場合は、交通事故紛争処理センターによる解決も考えられます。

示談

示談は、被害者と加害者(加害者側の保険会社)が、裁判所を介さずに話し合いによって損害賠償の額や支払時期等を決める解決方法です。

示談のメリット

示談のメリットとしては、裁判所を通さない分、面倒な手続が不要なので、比較的早く解決ができるという点にあります。

示談のデメリット

示談のデメリットとしては、裁判で認められるよりも損害賠償額が低額になりがちであることが挙げられます。特に、示談に慣れていない被害者が交渉力に長けた保険会社と交渉する場合、裁判基準からして著しく低い金額で示談していることも多々あります。

弁護士を代理人として示談する場合、示談であっても裁判基準若しくはそれに近い金額での示談が可能となります。

調停

調停は、当事者が簡易裁判所で話し合いをし、損害賠償金額を決める解決方法です。調停期日では、調停委員が当事者双方の言い分を聞き、適切な賠償額を調整してくれます。

調停のメリット

調停のメリットとしては、訴訟に比べて費用が安い点、あくまでも裁判所を介した話し合いなので、訴訟ほど厳密な立証が必要ない点が挙げられます。

調停のデメリット

調停のデメリットとしては、あくまで裁判所を介した話し合いであるため、主張事実が真っ向から対立している場合は、話し合いがつかずに調停が成立しないことが挙げられます(裁判所が結論を出してくれるわけではありません)。

また、弁護士を代理人としてつけていない場合、被害者本人が調停の期日に出頭しなければなりません。

交通事故紛争処理センターによる解決

交通事故に詳しい弁護士が調整役として入り、適切な賠償額を決めてくれる手続です。

交通事故紛争処理センターによる解決のメリット

訴訟よりは早い解決が期待できます。また、概ね裁判基準に従った解決が期待できます。

交通事故紛争処理センターによる解決のデメリット

交通事故紛争処理センターは処理件数が多く、最初の期日が入るまでに時間がかかります。また、一部の保険会社では利用できません。

弁護士会の示談あっせん

各県の弁護士会の交通事故相談センターの弁護士が間に入り、公平中立な立場で示談をあっせんする手続です。

示談あっせんのメリット

費用の負担もなく、かつ早期の解決が期待できます。

示談あっせんのデメリット

あくまで話し合いですので、双方が合意に至らなければ示談不成立となります。また、過失割合に争いがある場合等、争点が複雑な事案は対象となりません。

裁判(訴訟)

最終的な解決方法です。裁判所に訴えを提起し、当事者双方がそれぞれの主張を書面で提出し、自己の主張を証明する証拠を提出します。主張や書証(紙の証拠)の提出によって争点が明らかになった後は、証人尋問を行って、判決という形で、裁判所が一定の結論を下します。もちろん、判決に至るまでに和解することもあります。

裁判のメリット

裁判基準での解決となり、一般に示談に比べて損害賠償額が高くなります。

また、判決となった場合、弁護士費用(損害額の一割程度)や遅延損害金も認められることが多いです。

裁判のデメリット

示談に比べ、解決までの時間がかなり長くかかります。