損害賠償額の計算方法

請求できる3つの損害

交通事故の損害には、積極損害、消極損害、慰謝料の3種類があります。

積極損害

積極損害とは、事故によって被害者が負担しなければならなくなった損害のことをいいます。具体的には、治療関係費、付添看護費、通院交通費、入院雑費、義肢等の装具費用、葬儀関係費がこれにあたります。

消極損害

消極損害とは、事故がなければ得られたであろう利益が、事故のために得られなくなってしまった損害のことをいいます。具体的には、休業損害、後遺障害による逸失利益、死亡による逸失利益がこれにあたります。

慰謝料

慰謝料とは、事故による精神的損害に対する賠償金のことをいいます。慰謝料には、傷害慰謝料、後遺障害慰謝料、死亡慰謝料があります。傷害慰謝料は入院・通院の期間によって算定されます。後遺障害慰謝料は、認定された後遺障害等級によって異なります。死亡慰謝料は、亡くなった方が独身か既婚か、一家の支柱であったか等で算定されます。

損害賠償額の算定方法

上記の通り、損害賠償の項目は様々ありますが、事故の内容、受傷の内容によって、どの損害賠償の項目が発生するかが異なります(例えば、後遺障害が残らなかった場合は、後遺障害による逸失利益、後遺障害慰謝料は請求できません)。

したがって、事故ごとに、どのような損害賠償の項目が主張できるのかを検討し、そのうえで、各賠償の項目ごとにいくら請求できるのかを算出して、各々の金額を合計したものが当該事故の損害賠償額となります。