最新解決事例(乗用車で直進していたところ、加害者車両に右側面から衝突された事故)をご紹介します。

ご依頼者

50代 サラリーマン 男性

交通事故の内容

乗用車で直進していたところ、加害者車両に右側面から衝突される。

示談の経過

保険会社の対応に不安を覚えたとのことで、事故直後から当事務所にご相談に来られました。治療中は、お怪我の症状をお伺いした上で、保険会社との対応や通院のし方についてアドバイスさせて頂き、まずは安心してお怪我を治すことに専念して頂きました。

症状固定後も、痛みが残存しているとのことでしたので、後遺障害の認定を受けるため、自賠責保険に後遺障害の被害者請求を行いました。

その結果、後遺障害等級12級が認定されました。同後遺障害等級の存在を前提に相手方保険会社と示談を行いました。

示談の結果

保険会社と数回交渉を重ねた結果、当方の請求額の9割強にあたる950万円で示談することができました。

コメント

事故直後から後遺障害等級の獲得、示談交渉まで一貫してサポートさせて頂きました。

事故直後からでも、お気軽にご相談頂ければと思います。