最新解決事例(高速道路を走行中、後方から追突された事故)をご紹介します。

ご依頼者

40代 会社員 男性

交通事故の内容

高速道路を走行中、後方から追突される。

示談の経過

受傷後、約6ヶ月通院されました。通院中の相手方保険会社とのやり取りに不信感を感じられて、当事務所にご依頼がありました。

Jさんは、事故後から頸部の痛みに悩まされ、かなりの日数病院を受診されていました。
しかし、症状固定後、相手方保険会社から示された示談案は、そのような現状を軽視する低い金額でした。

保険会社との交渉では、実通院日数の多さ等を根拠として、慰謝料の増額を求めました。

示談の結果

交渉の結果、当初の示談案から約20万円を増額して示談することができました。

コメント

弁護士が介入していない場合、保険会社は、裁判で認められる基準よりもかなり低額な金額を提示してくることが多々あります。

保険会社からの示談案が適正なものかどうかが分からないときには、弁護士に相談されることをお勧めします。