最新解決事例(交差点にて停車中、後方から追突された事故)をご紹介します。

ご依頼者

50代 会社員 女性

交通事故の内容

交差点にて停車中、後方から追突された。

示談の経過

受傷後、相手方保険会社との連絡にストレスを感じられるということで、症状固定前にご依頼がありました。事故時、依頼者の方は転職した直後で、事故による休業が続いて、1ヶ月弱で辞めざるを得なくなり、その後は頸部や腰部の痛みのため、再就職ができない状態が続きました。

症状固定後の示談では、休業損害の有無・期間が争点となりました。当方としては、事故が起きなければ、転職先での就労を継続できていたとして、転職先の労働条件の資料等を提出するなどして、事故に遭わなければ得られていたであろう金額を算出し、請求しました。

示談の結果

交渉の結果、当方の主張する休業損害の大部分が認められた内容での示談が成立しました。

コメント

争点について、直接的な立証が難しい事案であっても、しかるべき資料を収集して提出して粘り強く交渉すれば、実情に応じた解決が実現する場合もあります。簡単に泣き寝入りせずに、まずは専門家にご相談することをお勧めします。