最新解決事例(交通整理の行われている横断歩道を自転車で横断中の事故)をご紹介します。

ご依頼者

50代 主婦 女性

交通事故の内容

信号機により交通整理の行われている横断歩道を自転車で横断中、右折車両にはねられる。

示談の経過

症状固定後、保険会社から賠償額について提案がありましたが、その金額の適正さが分からず、示談前に一度話を聞きたいということで当事務所にご相談に来られました。 ご依頼後、入通院慰謝料及び主婦の方の休業損害、後遺障害逸失利益に関して、保険会社と交渉を重ねました。

示談の結果

保険会社と交渉を重ねた結果、当初の保険会社の提示額から約490万円増額させ、和解できました。

コメント

重い後遺障害の残るお怪我でも、ご本人さんで交渉をされている際に保険会社から適正な金額が提示されない場合もあります。示談される前に、一度弁護士に適正な金額か相談されることが大切です。また、弁護士費用特約を使うことによって、弁護士費用のご負担なくご依頼頂くことも可能です。お気軽にご相談ください。