最新解決事例(横断歩道を歩行中の事故)をご紹介します。

ご依頼者

50代 主婦兼パート従業員 女性

交通事故の内容

横断歩道(青信号)を歩行中、右折してきた加害車両に撥ねられた。

示談の経過

当初は御本人が保険会社と交渉されていたが、物損の交渉で大変なご苦労をされ、人身損害の交渉については可能であれば弁護士に依頼したいということで、当事務所にご相談に来られた。弁護士特約には未加入ということで、弁護士費用と弁護士が介入することによる示談金額の増額の可能性等詳しく検討し、弁護士依頼。

ご依頼後、入通院慰謝料及び休業損害に関して、保険会社と交渉を重ねた。特に、休業損害について、当初はパートの休業分の提示しかなかったため、主婦の方の休業損害との差額を請求。

示談の結果

保険会社と交渉を重ねた結果、当初の保険会社の提示額から約150万円増額させ、和解できました。

コメント

弁護士特約に加入されていない場合でも、一度ご相談にいらしていただき、かかると予想される弁護士費用と弁護士が介入することによって想定される示談金額を比較検討し、その結果から最終的にご依頼戴くか御本人にお決め戴くことが可能です。お気軽にご相談ください。