最新解決事例(青信号に従って横断歩道を歩行中に撥ねられた事故)をご紹介します。

ご依頼者

70代 自営業手伝い 男性

交通事故の内容

青信号に従って横断歩道を歩行していたところ、右折してきた加害車両から横断歩道上で撥ねられた。

示談の経過

症状固定後自賠法施行令別表第二第10級が残り、当初は御本人が保険会社と交渉されていたが、保険会社の提示額に不満な点があり、当事務所にご相談に来られ、弁護士依頼。

ご依頼後、入通院慰謝料及び休業損害、後遺障害慰謝料及び後遺障害逸失利益に関して、保険会社と交渉を重ねました。特に、休業損害に関して、当初保険会社からは「無職」とされていたが、可能な資料を提出し、ご高齢とはいえ、事故時就労されていたことや今後も就労を継続していく予定だったことを主張。

示談の結果

保険会社と交渉を重ねた結果、当初の保険会社の提示額から約380万円増額させ、和解できました。

コメント

後遺障害等級が認定された場合であっても、保険会社が把握している事実と実際の事実が異なる場合等様々な理由から、提示されている示談金額が適正な金額とは言えない場合があります。そのため、示談される前に一度弁護士にご相談戴くことをお勧めします。お気軽にご相談ください。