弁護士に依頼するメリットはなんですか?

色々ありますが、代表的な2点を挙げたいと思います。
まず一つ目は、多くの場合、弁護士が代理人となって示談裁判を行った方が、獲得できる金額が高くなります。
交通事故損害賠償の基準は3つあります。具体的には、(1)自賠責保険の基準(2)任意保険の基準(3)裁判の基準であり、(1)が一番低額で、(3)が一番高額な基準です。保険会社は営利を追求する企業ですから、なるべく賠償金を低額に抑えようとして、自賠責保険または任意保険の基準で示談案を提示してきます。
しかし、法律の専門家である弁護士が代理人として示談をした場合、保険会社は、(1)や(2)の基準を提示すると、裁判を起こされる危険性があると考えますので、裁判基準、若しくはそれに近い金額での示談が可能となります。
二つ目は、自ら保険会社と交渉しなければならないストレスから解放されることです。交通事故の被害者は、お怪我の治療や、休業による不安を抱えながら、損害賠償については、交通事故の交渉に長けた保険会社担当者と話をしなければなりません。
しかし、弁護士が交渉の窓口になれば、交通事故被害者の方は、自ら保険会社担当者と交渉するストレスから解放されます。これは経済的なメリットではありませんが、実際に交通事故に遭われた方には、精神的に大きなメリットであると考えます。