後遺障害は、いつどのように判断されますか?

後遺障害の申請は、主治医の先生から「症状固定」の診断がなされた後、後遺障害診断書等の必要書類を収集し、自賠責保険会社に送る、という形で行います。自賠責保険会社は、その書類を専門の審査機関へ送付し、その審査結果に基づいて賠償額が決められます。後遺障害の審査には、通常2~3か月はかかります。
後遺障害の認定申請をしたが非該当とされてしまったり、後遺障害の等級が予想より低かったりした場合は、新たな資料を提出するなどして、自賠責保険会社に対して異議申立てを行うことができます。