交通事故の損害賠償請求はいつまでにしなければなりませんか?

交通事故に限りませんが、損害賠償の請求については、時効に注意する必要があります。一定の期間が過ぎ、時効が成立してしまうと、請求する権利が失われてしまいます。

交通事故被害者に関する時効の期間は以下の通りです。

<民法709条に基づく損害賠償請求権の時効期間>

  • 損害発生の事実と加害者の両方を知った時から3年
  • 加害者不明の場合、事故後20年間

<自賠責保険の請求権の時効期間>

  • 平成22年3月31日までに発生した事故
    →事故日の翌日から2年間。ただし、後遺障害が残った場合は、症状固定から2年間。
  • 平成22年4月1日以降に発生した事故
    →事故日の翌日から3年間。ただし、後遺障害が残った場合は、症状固定から3年間。