損益相殺

損益相殺とは、損害賠償の原因となった事故と同一の原因によって利益を受けることがある場合に、損害の額からこの利益を差し引くことをいいます。民法に規定はありませんが、公平の観点から、得られる利得が二重とならないよう調整する制度です。
具体例としては、仕事中に事故に遭った被害者は労災保険にも、加害者にも請求できますが、労災保険から保険金を受け取った場合は、加害者に請求する損害賠償額から既に受け取った保険金分を差し引かなければならないのです。
他に、損益相殺の対象となるものは、自賠責の保険金、健康保険の給付金、死亡よりかからなくなった生活費等があります。