保険会社から治療の打ち切りを打診されたケースの解決事例

 

Gさん 自営業(弁護士費用特約を利用)

知人の乗用車に同乗中、知人の乗用車が駐車場から出ようと駐車場出口で一時停止していたところ、後方から加害車両に追突される。
事故から約3か月後、保険会社から治療費の支給を打ち切られ、当事務所に相談し依頼。
医師からまだ症状固定していないと言われたこともあり、弁護士のアドバイスに基づき、その後も健康保険を使って治療を続け、事故から約6カ月後症状固定し、示談交渉を行う。
その結果、打ち切り後の治療費を認めさせ、通院慰謝料を増額させて、示談した。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
44万円 80万円 36万円
保険会社から治療を打ち切られたという話から御相談頂き、保険会社への対応、今後の見通し等をアドバイスさせて頂きました。
御相談当時担当医師の診断では症状固定はしていないということでしたので、健康保険を使って症状固定まで治療を続けて頂き、症状固定後は、医師の診断書や領収証等提出し、症状固定までの通院期間を元に示談交渉を行いました。
その結果、示談において、打ち切り後の治療費を認めさせ、こちら側の主張する通院期間により近い通院慰謝料を得ることができました。