弁護士介入により示談金額が増額した事例

 

Aさん 会社員

バイク運転中に、信号無視の乗用車と衝突。股関節の機能障害等で、後遺障害併合9級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
1490万円 2230万円 740万円
重度の後遺障害が残る重大事故の場合、弁護士が介入することにより、示談金額が大幅に増額することがあります。

 

Bさん 会社員

バイクで直進中、右折してきた乗用車と衝突。手関節の機能障害等で、後遺障害9級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
2575万円 3500万円 925万円
保険会社から再三にわたって低い金額での示談を求められていましたが、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Cさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

乗用車で信号待ちをしていたところ、後方から走行してきた車両に追突される。症状固定前に当事務所に依頼。弁護士のアドバイスに基づき被害者請求を行い、後遺障害併合14級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
提示前から弁護士介入 245万円 245万円
事故直後から保険会社の対応が不誠実であったため、症状固定前から受任し、後遺障害等級の獲得からその後の交渉までをさせて頂きました。

 

Dさん 主婦(弁護士費用特約を利用)

乗用車で信号待ちをしていたところ、後方から走行してきた車両に追突される。後遺障害がないことを前提として、保険会社に示談を持ちかけられていた。当事務所に依頼後、弁護士が被害者請求を行い、後遺障害併合14級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
119万円 369万円 250万円
相談時にお怪我の症状をお聞きして、後遺障害該当の可能性が高いと判断し、自賠責保険へ被害者請求しました。その結果、後遺障害が認定され、当初示談額の約3倍の金額で示談しました。

 

Eさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

勤務先駐車場内を歩行中、駐車場を走行中の乗用車と衝突。損害賠償について会社と協議したが、会社の不誠実な対応が続いたため、当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
0円 83万円 83万円
後遺症が残らないお怪我でも、弁護士費用特約を使うことによって、弁護士費用のご負担なくご依頼することが可能です。お気軽にご相談ください。

 

Fさん サラリーマン(弁護士費用特約を利用)

乗用車で直進していたところ、中央線を越えてきた加害者車両に右側面から衝突される。事故直後から当事務所に依頼。弁護士のアドバイスに基づき被害者請求を行い、後遺障害併合12級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
提示前から弁護士介入 950万円 950万円
事故直後から受任させて頂き、保険会社への対応、今後の見通し等をアドバイスさせて頂きました。症状固定後は、残存する症状をお伺いし、後遺障害の可能性があったため、自賠責保険に被害者請求を行いました。 その結果、後遺障害等級12級が認定され、示談の結果、1000万円弱の賠償金額で示談をすることができました。

 

Hさん 主婦(弁護士費用特約を利用)

道路を自動車で走行中、加害車両に接触され、鞭打ち症で通院。症状固定後に当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
55万円 130万円 75万円
保険会社から、低い金額での示談を求められていましたが、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Iさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

一時停車中に相手方車両から追突され、通院。症状固定後、後遺障害等級第14級が認定される。しかし、保険会社の示談案に不信感があり、当事務所にご依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
175万円 280万円 105万円
保険会社の提示した示談案は、逸失利益や慰謝料が、裁判基準に比べてかなり低い金額でした。 弁護士介入後、逸失利益については、Iさんの源泉徴収票を基準として保険会社と交渉しました。 また、慰謝料については、裁判基準を示して、保険会社の示談案が不当に低く抑えられていることを指摘しました。 その結果、当初の保険会社示談案の約1.6倍の金額で示談することができました。
後遺障害が認定されている事案では、被害者ご本人が示談する場合と弁護士が示談する場合とで、示談金額がかなり異なる場合が多いです。 ご自身で判断してしまわずに、弁護士へ相談されることをお勧めします。

 

Jさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

高速道路を走行中、後方から追突される。通院中の保険会社の対応に不信感があり、当事務所にご依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
約50万円 70万円 約20万円
依頼者の方は、頸部にかなり強い痛みがあり、通院日数も多かったのですが、保険会社の提示した示談案は、特に慰謝料が裁判基準に比べてかなり低い金額でした。
受任後、通院日数が多い点等を指摘して交渉した結果、慰謝料についてはほぼ裁判基準どおりの示談が成立しました。

 

Kさん 学生(弁護士費用特約を利用)

後部座席に乗車中、運転手が自損事故を起こし、顔面部に受傷した。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
約300万円 790万円 約490万円
後遺障害等級12級が認定されていた事案でした。交渉段階では、保険会社が顔の傷は労働能力に影響しないとして、逸失利益を争ってきましたので、訴訟を提起しました。
訴訟では、逸失利益の有無や好意同乗による減額等が争点となりましたが、過去の裁判例や、事故後、精神的にふさぎ込みがちになってしまったことなどを丁寧に主張・立証しました。
その結果、逸失利益は認められませんでしたが、裁判基準を大きく超える慰謝料額で、かつ好意同乗による減額はないという内容での和解が成立しました。

 

Lさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

交差点にて停車中、後方から追突される。通院中の保険会社の対応に精神的負担を感じ、当事務所にご依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
提示前から弁護士介入 約120万円 約120万円
事故時、Lさんは転職したばかりであり、受傷後の頸部や腰部の痛みのため、会社を辞めざるを得なくなり、その後一定期間無職の状態が続きました。そのため、示談では、通院期間中の休業損害の有無が争点となりました。
事故に遭わなければ、Lさんは仕事を継続していたことは明らかでしたので、以前の勤務先から労働条件の資料等を取り寄せ、仕事を辞めていないかった場合に得られていたであろう収入金額を算定して、請求しました。
保険会社も、Lさんの事情に一定の理解を示し、結果として、当方の請求する休業損害を大部分が認められた内容の示談が成立しました。

 

Mさん 主婦(弁護士費用特約を利用)

横断歩道を自転車で走行中、右折してきた加害車両にはねられ入通院。症状固定後、自賠法施行令別表第二併合第11級の等級を取得後当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
610万円 1100万 約490万円
保険会社から、低い金額での示談を求められていましたが、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Nさん 主婦兼パート従業員

横断歩道(青信号)を歩行中、右折してきた加害車両に撥ねられた。右膝内側側副靭帯損傷、頚椎捻挫等を負い入通院。症状固定後、当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
120万円 270万円 150万円
自分で直接保険会社と交渉する必要がなくなり、また、示談金額についても、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Oさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

道路を歩行中、走行してきた加害車両に撥ねられた。腰部挫傷及び仙骨骨折等で入通院。
症状固定後自賠法施行令別表第二併合第14級が認定され、当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
130万円 250万円 120万円
親族名義の保険でも弁護士特約が使える場合があることを教えて貰い、弁護士費用を気にせず交渉を依頼でき、また、示談金額についても、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Pさん 自営業手伝い(弁護士費用特約を利用)

被害者が青信号に従って横断歩道を歩行していたところ、右折してきた加害車両から横断歩道上で撥ねられた。左大腿骨頚部骨折等で入通院。症状固定後自賠法施行令別表第二第10級が残り、当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
680万円 1060万円 380万円
自分で直接保険会社と交渉する必要がなくなり、また、弁護士費用特約で弁護士費用を気にせず交渉を依頼でき、示談金額についても、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Qさん 自営業手伝い(弁護士費用特約を利用)

被害車両が交差点に差し掛かった際に前方に信号停止中の車両を認め停止していたところ、右折しようと狭い道路側から進入してきた加害車両が、停止していた被害車両の側面に衝突した。頚椎捻挫、右肩関節挫傷、指に変形の傷害を負い入通院。症状固定後自賠法施行令別表第二第12級に該当する後遺障害を負い、当事務所に依頼。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
380万円 900万円 520万円
自分で直接保険会社と交渉する必要がなくなり、また、弁護士費用特約で弁護士費用を気にせず交渉を依頼でき、示談金額についても、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。