後遺障害の等級認定のサポートをした事例

 

Aさん 会社員

バイク運転中に、信号無視の乗用車と衝突。股関節の機能障害等で、後遺障害併合9級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
1490万円 2230万円 740万円
重度の後遺障害が残る重大事故の場合、弁護士が介入することにより、示談金額が大幅に増額することがあります。

 

Bさん 会社員

バイクで直進中、右折してきた乗用車と衝突。手関節の機能障害等で、後遺障害9級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
2575万円 3500万円 925万円
保険会社から再三にわたって低い金額での示談を求められていましたが、弁護士の介入により、適正な賠償金額で解決しました。

 

Cさん 会社員(弁護士費用特約を利用)

乗用車で信号待ちをしていたところ、後方から走行してきた車両に追突される。症状固定前に当事務所に依頼。弁護士のアドバイスに基づき被害者請求を行い、後遺障害併合14級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
提示前から弁護士介入 245万円 245万円
事故直後から保険会社の対応が不誠実であったため、症状固定前から受任し、後遺障害等級の獲得からその後の交渉までをさせて頂きました。

 

Dさん 主婦(弁護士費用特約を利用)

乗用車で信号待ちをしていたところ、後方から走行してきた車両に追突される。後遺障害がないことを前提として、保険会社に示談を持ちかけられていた。当事務所に依頼後、弁護士が被害者請求を行い、後遺障害併合14級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
119万円 369万円 250万円
相談時にお怪我の症状をお聞きして、後遺障害該当の可能性が高いと判断し、自賠責保険へ被害者請求しました。その結果、後遺障害が認定され、当初示談額の約3倍の金額で示談しました。

 

 

Fさん サラリーマン(弁護士費用特約を利用)

乗用車で直進していたところ、中央線を越えてきた加害者車両に右側面から衝突される。事故直後から当事務所に依頼。弁護士のアドバイスに基づき被害者請求を行い、後遺障害併合12級が認定される。

保険会社当初の提示金額 弁護士介入後の示談金額 弁護士介入による増額
提示前から弁護士介入 950万円 950万円
事故直後から受任させて頂き、保険会社への対応、今後の見通し等をアドバイスさせて頂きました。症状固定後は、残存する症状をお伺いし、後遺障害の可能性があったため、自賠責保険に被害者請求を行いました。 その結果、後遺障害等級12級が認定され、示談の結果、1000万円弱の賠償金額で示談をすることができました。