首(むちうち)

むちうち症とは

むち打ち症とは、主として、自動車の追突、衝突、急停車等によって、頸部の急激な過進展、過度の屈曲運動が起きるために生じた頸部の損傷の総称です。

「むち打ち症」は、正確な医学上の病名ではなく、診断書には、「頸椎捻挫」「頸部捻挫」「外傷性頸部症候群」などと記載されます。

むちうち症の特徴

むち打ち症の症状

むち打ち症の自覚症状は多種多様で、肩こりや頭痛、手のしびれ、めまい、吐き気、視力障害、耳鳴り等がみられます。

しかし、このように自覚症状が多様な割には、レントゲン、MRI等の医学的な検査に現れる他覚的所見に乏しく、自覚症状のすべてを医学的に証明することが困難なケースがほとんどです。

損害賠償における、むち打ち症の特徴

上記のとおり、むち打ち症は医学的検査での客観的な症状の説明が困難であるため、保険会社は、労働能力の喪失割合を低く算定したり、労働能力喪失期間を短期間しか認めなかったりする傾向にあります。

むちうち症の後遺障害等級

むち打ち症の後遺障害等級は、以下の通り、12級13号または14級9号に該当するか否かが問題となるものがほとんどです。

自賠責保険の実務では、症状が「他覚的所見によって医学的に証明される場合」は12級13号該当、「医学的に証明しうる精神神経学的症状は明らかではないが、頭痛、めまい、疲労感などの自覚症状が単なる故意の誇張ではないと医学的に推定される場合」は、14級9号該当「自覚症状に対して医学的に推定することが困難な場合。事故との因果関係がない場合」は非該当としています。

等級 障害の程度
12 級 13 号 局部に頑固な神経症状を残すもの
他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの
14 級 9 号 局部に神経症状を残すもの
神経系統の障害が医学的に推定されるもの