交通事故で問題となる傷病

交通事故で問題となる腰部の傷病は、腰椎椎間板ヘルニアです。腰椎は5個の椎骨(ついこつ)からなり、上半身を支える脊柱のなかでも最も大きな荷重がかかる部位であり、かつ可動の程度も大きいため、椎間板の障害を起こしやすい部位です。椎間板ヘルニアは椎間板・線維輪に亀裂が入って、内部の髄核(ずいかく)が脱出して神経組織を圧迫した状態を意味します。

交通事故損害賠償における腰部椎間板ヘルニアの問題点

腰椎椎間板ヘルニアは、交通事故が直接の原因で発症することは少ないことから、後遺障害認定についての自賠責保険の対応が非常に消極的であり、交通事故との因果関係を否定されることが少なくありません。

したがって、交通事故被害者としては、ヘルニアと交通事故との因果関係を、交通事故の態様、ヘルニアの部位、同部位に合致した神経学的な症候等によって主張、立証していく必要があります。

腰部の後遺障害等級

一般的に、腰部について該当する後遺障害等級は以下のとおりです。

等級 障害の程度
12 級 13 号 局部に頑固な神経症状を残すもの
他覚的検査により神経系統の障害が証明されるもの
14 級 9 号 局部に神経症状を残すもの
神経系統の障害が医学的に推定されるもの