上肢

上肢の後遺障害の種類

上肢の後遺障害には、上肢の欠損、上肢の機能障害(関節の可動域制限等)、奇形障害、手指の欠損、手指の機能障害等があります。

上肢の後遺障害等級

一般的に、上肢について該当する後遺障害等級は以下のとおりです。

上肢の欠損障害による後遺障害等級

等級 障害の程度
1 級 3 号 両上肢を肘関節以上で失ったもの
【注】肩関節において、肩甲骨と上腕骨とを離断したもの
肩関節と肘関節との間において、上腕を切断したもの
肘関節において、上腕骨と橈骨及び尺骨とを離断したもの
2 級 3 号 両上肢を手関節以上で失ったもの
【注】肘関節と腕関節との間で切断したもの
腕関節において、橈骨及び尺骨と手根骨とを離断したもの
4 級 4 号 1 上肢を肘関節以上で失ったもの
5 級 4 号 1 上肢を手関節以上で失ったもの

上肢の機能障害による後遺障害等級

等級 障害の程度
1 級 4 号 両上肢の用を全廃したもの
【注】肩関節・肘関節・手関節の全ての完全強直、完全麻痺、健側に比して患側の運動可能領域が 10 %以内に制限され手指の障害が加わるもの
5 級 6 号 1 上肢の用を全廃したもの
6 級 6 号 1 上肢の 3 大関節中の 2 関節の用を廃したもの
【注】関節の完全強直又はこれに近い状態にあるもの
8 級 6 号 1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の用を廃したもの
10 級 10 号 1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に著しい障害を残すもの
【注】関節の運動可動域が健側の 2 分の 1 以下に制限されたもの
動揺関節のため、労働及び日常の行動に支障があり、常時固定道具の装着を必要とするもの
12 級 6 号 1 上肢の 3 大関節中の 1 関節の機能に障害を残すもの
【注】関節の運動可動域が健側の 4 分の 3 以下に制限されたもの
動揺関節のため、労働及び日常の行動に多少の支障はあるが、固定装具の常時装着を必要としないもの
習慣性脱臼を残すもの

上肢の奇形障害による後遺障害等級

等級 障害の程度
7 級 9 号 1 上肢に仮関節を残し、著しい運動障害を残すもの
8 級 8 号 1 上肢に仮関節を残すもの
12 級 8 号 長管骨に変形を残すもの(変形の程度が外部から確認できる)

手指の欠損障害による後遺障害等級

等級 障害の程度
3 級 5 号 両手の手指の全部を失ったもの
【注】母指にあっては指節間関節、その他の指にあっては近位指節間関節以上を失ったもの
6 級 8 号 1 手の 5 の手指又は親指を含み 4 の手指を失ったもの
7 級 6 号 1 手の親指を含み 3 の手指を失ったもの又は親指以外の 4 の手指を失ったもの
8 級 3 号 1 手の親指を含み 2 の手指を失ったもの又は親指以外の 3 の手指を失ったもの
9 級 12 号 1 手の親指又は親指以外の 2 の手指を失ったもの
11 級 8 号 1 手の人差し指、中指又は薬指を失ったもの
12 級 9 号 1 手の小指を失ったもの
13 級 7 号 1 手の親指の指骨の一部を失ったもの
【注】1 指骨の一部を失ったこと、その程度は 1 指骨の一部を失ったことが XP によって明確であるもの及び遊離骨片が認められるものをいう。但し、その程度が手指の末節骨の長さの 2 分の 1以上を失った場合は、手指の用を廃したものとなる。
14 級 6 号 1 手の親指以外の手指の指骨の一部を失ったもの

手指の機能障害による後遺障害等級

等級 障害の程度
4 級 6 号 両手の手指の全部の用を廃したもの
【注】指の末節骨の長さの 2 分の 1 以上を失ったもの
中手指節関節又は近位指節間関節(母指では指節間関節)に著しい運動障害を残したもの
著しい運動障害とは運動可動域が健側の 2 分の 1 以下に制限されたものをいう。
7 級 7 号 1 手の 5 の手指又は親指を含み 4 の手指の用を廃したもの
8 級 4 号 1 手の親指を含み 3 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 4 の手指の用を廃したもの
9 級 13 号 1 手の親指を含み 2 の手指の用を廃したもの又は親指以外の 3 の手指の用を廃したもの
10 級 7 号 1 手の親指又は親指以外の 2 の手指の用を廃したもの
12 級 10 号 1 手の人差し指、中指又は薬指の用を廃したもの
13 級 6 号 1 手の小指の用を廃したもの
14 級 7 号 1 手の親指以外の手指の遠位指節間関節を屈伸することが出来なくなったもの