治療関係費

(1)治療費

治療費は、必要かつ相当な範囲で、実際に医療機関に支払った費用全額が認められます。

必要性や相当性がないときには、過剰診療や高額診療として、認められないこともあります。

過剰診療

診療行為の医学的必要性ないしは合理性が否定されるもの

高額診療

診療行為に対する報酬額が、特段の事由がないにもかかわらず、社会一般の診療水準に比して著しく高額なもの

(2)鍼灸、マッサージ費用、器具薬品代等

治療費と違い、相当な費用といえるか問題となることが多いものですが、医師の指示がある場合には、認められる場合が多いです。医師の指示がない場合でも、傷害の部位、程度による必要性、治療上の効果等から客観的に有効かつ相当と認められる範囲については認められる場合もあります。

(3)温泉治療費等

医師の指示のある場合には認められることが多いです。ただ、認められる場合でも金額が制限されることがあります。

(4)入院中の特別室使用料

医師の指示があったり、症状が重い、空きベッドが足りなかった等の特別の事情があれば、認められます。

(5)付添看護費

入院付添費

すべての付添費が認められるわけではなく、医師の指示または受傷の程度、被害者の年齢等から、付き添いの必要がある場合に認められます。

職業付添人の場合は実費全額、近親者が付き添った場合には1日5500円から7000円程度で認められます。

通院付添費

足の骨折や体力が回復していないとか、幼児等で自分1人で通院できない等社会常識上付き添いを必要とする場合には、1日3000円から4000円程度を損害として請求できます。

(6)入院雑費

入院中の諸雑費(洗面具などの日用雑貨費等)は、入院1日につき1500円程度が損害として認められています。

(7)通院交通費・宿泊費等

症状などによりタクシー利用が相当とされる場合以外は、電車、バスの料金、自家用車を利用した場合には実費相当額が損害として認められます。