休業損害

休業損害とは

休業損害とは、交通事故で受けたケガの治療期間中の休業や不十分な稼働状況によって、事故がなければ得られたであろう収入を失ったことによる損害をいいます。

(1)給与所得者

事故前の収入を基礎として受傷によって休業したことによる現実の収入減が休業損害となります。事故前の収入に関しては、事故前3カ月の平均給与をもとに算定することが保険実務上一般的です。

現実の収入減がなくても、有給休暇を使用した場合は休業損害として認められます。

また、休業に伴う賞与の減額・不支給、昇給・昇格遅延による損害も認められます。

(2)事業所得者

商工業者、農林・水産業者、などの個人事業主、もしくは自営業者などの方の場合には、現実の収入減があった場合には休業損害が認められます。この場合、事故前の収入額は、原則として、事故前年の確定申告所得によって認定されます。

休業中の固定費(家賃や従業員給料など)の支出は、事業の維持・存続のために必要やむをえないものについては、損害として認められます。

(3)家事従事者

家事従事者の方の場合には、賃金センサス第1巻第一表の産業計、企業規模計、学歴計、女子労働者の全年齢平均の賃金額を基礎として、受傷のために家事労働に従事でき

なかった期間について休業損害が認められます。

(4)失業者

失業中の方であっても、労働能力及び労働意欲があり、就労の蓋然性がある場合には休業損害が認められることがあります。この場合、再就職によって得られるであろう収入を基礎とすべきで、その場合特段の事情のない限り失業前の収入を参考とするとされています。

(5)学生、生徒、幼児等

学生や生徒、幼児の方の場合には、原則として休業損害は認められません。

ただ、アルバイトをしている者については、現実のアルバイト収入を基礎として算定した休業損害が認められます。