後遺症慰謝料

実務上、これ以上治療を続けても治療効果が上がらず、その状態が続く場合、後遺症として、その苦痛や生活に対する影響等に対して、慰謝料が認められます。

赤本(民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準)の基準は、後遺症等級ごとに、次の表のとおりになっています。

第1級 2800万円 第8級 830万円
第2級 2370万円 第9級 690万円
第3級 1990万円 第10級 550万円
第4級 1670万円 第11級 420万円
第5級 1400万円 第12級 290万円
第6級 1180万円 第13級 180万円
第7級 1000万円 第14級 110万円

赤本(民事交通事故訴訟 損害賠償額算定基準 公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部)152頁

上の基準はあくまで目安で、事案それぞれの具体的な事由によって増減されることがあります。