葬儀関連費用

葬儀関連費用とは

葬儀関係費用とは、交通事故で死亡された方の通夜、告別式その他の法要等にかかる費用のことをいいます。

葬儀関連費用の基準

自賠責基準では、60万円まで支払われます。ただし、60万円を超えることが明らかな場合は、100万円の範囲内で必要かつ妥当な実費が認められます。

裁判基準では、原則として150万円程度が認められます(赤い本(「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部))。現実に支出した葬儀関連費用が150万円を超えた場合でも、特別の事情がない場合には、基準額に加えて、損害として認める扱いはしないことが多いです。

実際に支出した額が150万円を下回る場合には、実際に支出した額が損害として認定されます。

また、香典は、損害から差し引きされません。他方で、香典返しに要した費用は損害として認められません。