死亡慰謝料

死亡慰謝料とは

死亡慰謝料とは、交通事故の被害者の方が死亡したことにより受けた本人及び近親者の精神的苦痛を慰謝するための賠償金のことです。

死亡慰謝料の基準

裁判基準(赤い本(「民事交通事故訴訟損害賠償額算定基準」財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部))で認められるのは以下の通りです。下記を基準として、具体的な事情を加味して増減されます。

一家の支柱の場合 2800万円
母親・配偶者の場合 2400万円
その他の場合 2000万円~2200万円

「一家の支柱」とは、主として被害者の収入によって生計が維持されている場合をいうとされています。

「その他」とは、独身の男女、子供、幼児等をいいます。

慰謝料の増額事由

以下の場合、慰謝料が増額されることがあります。

加害者の運転に故意・重大な過失がある場合

  • 加害者が酒気帯び運転だった場合
  • 加害者が居眠り運転だった場合
  • 加害者の前方不注視・速度違反があった場合

加害者の事故後の態度が不誠実な場合。

  • 加害者が刑事事件で、過失がない旨の不合理な弁解を続けていた場合
  • ひき逃げ・救護義務違反の場合
  • 事故後、加害者からの謝罪がない場合